第36回SBLの募集を開始します。
【参加資格】
<一般の部>
SBLの理念に賛同し、個人登録料を支払った中校生以上で構成されるチーム。
チーム内に有資格の帯同審判がいるのが望ましい。
 審判は必ず担当してもらいます。
<女子の部>
SBLの理念に賛同し、個人登録料を支払った中校生以上の女子で構成されるチーム。
【大会形式】
<一般の部>
参加チームを、実力に応じて複数のDIVISIONに振り分け、各チーム8試合を行い、その成績によってDIVISIONごとに優勝チームを決定する。
<女子の部>
参加チームで、各チームおおむね5試合程度を行い、その成績によって優勝チームを決める。
※各DIVISION毎、上位3チーム及び個人成績上位3名を表彰する。また、各DIVISION優勝チームには副賞としてチャンピオンTシャツ授与(枚数制限あり)。
【試合形式】
 札幌市民大会Aクラスに準じる。
  帯同審判制。
 オフィシャルは原則1試合試合やるごとに1試合担当する。(勝ちオフィシャル負けオフィシャルはありません。必ず2チームで担当します。)
 原則女子チームは審判を担当しない。オフィシャルのみ担当。
【試合日程】
 6月~終了まで(おおむね3月いっぱいを目標)の各日曜日。
ただし、8月中旬~札幌市民大会の期間をサマーブレイク、年末年始をウィンターブレイクとして、その期間は試合を組まない。具体的な日程は直近に連絡。
【試合編成】
 前月最終週頃までに、各チームの当月の試合参加可否を確認し、確保した会場と対戦可能チームの状況を考慮して組合せを作成して連絡する。
【試合開催エリア】
 現時点で確定しているのは下記の自治体。現在各施設との折衝を継続中のため、変更あります。
札幌市・石狩市・江別市・南幌町・岩見沢市・栗山町
【参加受け入れチーム数と大会形式】
<一般の部>
36チーム、もしくは40チーム。
原則先着順で受け入れますが、〆切時点で上記チーム数を超えた場合は、下記の優先順で受け入れます。
  1.大会運営協力者の所属するチーム
2.35th SBL 参加チーム
3.先着のチーム
 36チームの場合は、各チームの実力に応じて9チーム×4つのDIVISIONに振り分け、1回戦総当たりで順位を決定する。
40チームの場合は、各チームの実力に応じて10チーム×4つのDIVISIONに振り分け、さらに5チームずつの予選プールに振り分けて1回戦総当たりの試合を行い、成績によって上下5チームずつに振り分けて1回戦総当たりのPlayoffsを実施して順位を決定する。
 応募が36チームに満たなかった場合は、8試合のリーグ戦形式が組めるように適宜チーム数を選定します。

<女子の部>
応募チームで1回戦総当たりのリーグ戦を行い、順位を決定する。

  募集制限は特になし。
【参加費】
<一般の部>
大会参加費 24,000円(8試合分)
個人登録料 1,000円×登録メンバー分
 上記の合計。
全日程終了後、会場費用など諸経費に余剰ある場合は、応分返却する。
<女子の部>
 個人登録料 1,000円×登録メンバー分
 ※他、審判の担当者・会場運営の責任者など大会運営と試合の運営に協力いただいた個人に対しては、応分の経費を大会終了後にチーム単位で返却します。
【申込方法】
 代表の入船<<irifune@sbl-s.com>まで、メールにて下記を送付願います。
・チーム名
・メンバー表:背番号(2桁まで)と氏名
・代表連絡先3名分:氏名・電話番号・メールアドレス・住所
・審判有資格者がいれば氏名と資格内容
上記すべてを受領して、参加申し込みを受け付けたとみなします。
【参加〆切】
 制限数に達した時点で〆切ります。
 最大4月末までの募集とします。
【その他】
 詳細は、<http://sbl-s.com/>の大会要項を参照願います。